心筋梗塞にご用心|定期検診は忘れずに行こう

医者

日本人に多いがん

医者

胆管がんの主な症状には、白色の便と黄色の尿、肌のかゆみが挙げられます。比較的わかりやすい排泄の症状には注意が必要です。医学の進歩に伴い、胆管がん患者の死亡率は減少傾向にあります。治療技術の向上で、知名度が高まりつつあるのが胆管がんであると言えます。

もっと読む

食道の悪性腫瘍を治す

病棟

成人では30センチ前後に達する食道は、口から食べた食物を蠕動運動で胃まで送り込む役割を果たしています。煙草やアルコールなどが原因で発症する食道がんのうち、日本人では粘膜の扁平上皮に生じるケースが9割を占めています。食道がんの治療は大手術になることも多いですが、早期に発見できれば内視鏡治療が可能です。

もっと読む

医療機関での治療法

カウンセリング

特定疾患となるリウマチの治療には、自己流のリハビリではなく、プロによる指導で正しい機能向上を図ることが重要です。世田谷エリアにもリウマチに対する治療を提案する医療機関があり、様々な診療科との連携で悩みを軽減させてくれます。

もっと読む

特徴を見抜く

看護師

狭心症との違い

心筋梗塞と狭心症は症状が少し似てますが、全く異なる疾患です。狭心症は一時的に血管が詰まり全身に血液がうまく循環できなくなる疾患です。ひどい胸痛や立ちくらみなどを起こしますが、数分で治ります。一方心筋梗塞は長時間心筋に酸素や栄養が送られなかったため、心筋が壊死した状態を指します。狭心症と同様激しい胸痛に見舞われ、しかも20分以上続くことが多いです。心筋の細胞が壊死するため心機能が低下していきます。1回ひどい心筋梗塞が起こると身体機能はかなり低下し、2回目では死亡率が格段に上がります。よって多くの場合1回でも発症した時点で手術を行い、ステントを埋め込み血液が固まりにくくなる薬を一生飲み続ける必要があります。

狭心症にも注意

心筋梗塞はいきなり起こることは少ないです。小さな血栓や脂肪の塊が心筋に詰まるが、小さいため短時間で改善します。これを繰り返しているうちに大きな塊が詰まり心筋梗塞を発症します。つまり何度か狭心症が事前に起こることが一般的です。胸痛の時間も人それぞれで全く痛みを感じない方もいます。動脈硬化などが進んでいる場合、両疾患とも発症率が高くなります。40歳を超えると年に1回くらい精密な検査を行うほうがいいです。軽度な狭心症を起こしている時に発見できると早期に治療が行え、一生薬を飲み続ける必要がなくなるかもしれません。また心筋梗塞を発症しても早期に病院に行くと被害は少なく済みます。対策方法として、常に誰かと一緒に行動することで心筋梗塞を発症してもすぐに助けを呼んでもらえるかかもしれません。